スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
今年最後の新魚
SNSではちょっと前から大騒ぎしてたんですが……。
あ、ボクだけね、大騒ぎしてたの。
ついに我慢できなくなって新魚導入してしまいました。

今年最後のサカナは、基本に戻ってニョロニョロです。

はい、来ました。販売名はシザーステールローチです。
ローチ
これ、すっごいのよ、マジで。
よっぽどのドジョウ好きじゃないと名前にある
ハサミ上の尾ビレに目が行っちゃうと思うんですが、
注目すべきはむしろ背ビレにあるんじゃないかと。

んじゃ、ドジョウの背ビレに注目。
kakuri.jpg
ホースフェイスローチ。
ローチ
アンジェリカスボーシャ。
ゴンゴタローチ
ゴンゴタローチ。
レプトボーシャ
レプトボーシャ・グイリネンシス。
ku-ri.jpg
クーリーローチ。

どれもピョコッとした背ビレが出てるでしょ。

で、見てくださいよ、こいつの背ビレ。
ローチ
えらく長いでしょ。もうね、変なドジョウなんですわ。
ちなみに学名はVaillantella maassi
あんまり一般的じゃないウァイルランテルラ属のドジョウなのですよ。
詳しいことはLoaches Onlineでも読んでもらえればわかるかと。
マレーシア、ブルネイ、インドネシアの辺りのドジョウらしいっすね。
んー、でも、なんか水温ちょっと低めだし、清流好みみたいだし、
とりあえず目標は3ヶ月飼育って感じで(苦笑。
飼育してて分かったことあれば、これから少しずつアップしていきますね。
スポンサーサイト
【2006/12/30 23:09 】 | ローチ・ボーシャ | コメント(10) | トラックバック(0)
ScarletGemは衝撃を受けた!
なぜ稚魚プラケの中にザリガニがいるのだ!

続きを読む
【2006/12/29 23:29 】 | 熱帯魚 | コメント(5) | トラックバック(0)
思うようにいかない魚
地味な真胎生魚のアメカ・スプレンデンスなんですけどね、
かなり大きくなってきました。現在6~7cm。
アメカ
尾びれの先端が黄色いのが雄です。
体表に青いウロコが不ぞろいに出現します。
非常に寸胴で、独特な体型のサカナなんですが、
あまりにも変な形の熱帯魚を見過ぎた今となっては
それも特徴ってほどには思えないなあ。
何度も書いてますが、雌はさらに地味です。
アメカ
いやー、正直、子供を産んでくれないと
なんのために飼ってるのかさっぱりわからない。
元気なんですけどねー。もう繁殖しても
よさそうなサイズなんですけどねー。
にんともかんとも。
【2006/12/27 16:56 】 | 卵胎生メダカ | コメント(3) | トラックバック(0)
ミクロラスボラ・ハナビ(反省バージョン)
ちょっと前に載せたテキストを読み返したところ、
あまりにもヒドイ紹介の仕方だったなあ、と
すこぶる反省いたしました、あたくし。
写真もガラス面が汚れたまんまだし、
しかも色の出てないメスっぽい個体だし、
これじゃハナビの魅力は全然伝わりませんやね。
繁殖について他のBlogを眺めてたら
皆さん実にキレイな写真で紹介してやがりましてね……、
悔しかったんで写真も撮りなおしてみましたよ。
5年前に買ったコンデジなんで、これが精一杯。
腕もイマイチってことで勘弁してください。すまそ。
ハナビ
オスと思われる個体です。
各ヒレの横方向に黒いラインが入り、
オレンジの発色が非常に鮮やかです。
ていうか、ちょっと下品なぐらい発色します。
また、体の下側もほんのりとオレンジに染まります。
ハナビ
メスと思われる個体です。
前述の個体に比べると体色が不明瞭で、
ヒレに黒いラインがまったく入りません。
サイズ的にはオスと同じです、今のところ。
ハナビ
上から写真を撮ってみました。
メスと思われる個体は、ややお腹が膨らんでいます。
もしかしたら抱卵してるかも知れません。
レッドチェリーはサイズ比較のために入れた……訳じゃなく
網入れたら勝手に入ってきたのを
めんどくさいんでそのまま突っ込んだだけです
2.5cmぐらいっすかね、エビ。
続きを読む
【2006/12/24 04:49 】 | ラスボラ・ダニオ | コメント(6) | トラックバック(0)
謎稚魚2発見から10日
10日前に発見した謎の稚魚。
ハナビ
ハナビかも、とか書いてたアレです。

えーと、まだ生きてます。
ただ、ブラインを追わない個体が結構いて
だいぶ落ちてしまいました。
ゆで卵の黄身でも入れようかとも思ったんですが、
さすがに会社でゆで卵いじってるのもどうかと……。
ハナビ
相変わらず何の稚魚だか良くわかりませんが、
以前よりもしっかりしてきた気がします。
ここまでくれば、安定するかなあ。

えーと、どなたかハナビの稚魚が載ってる
サイトやBlogを知ってたら、教えてください。
ちょっと探したんだけど、見つからないのよね……。
【2006/12/24 03:11 】 | ラスボラ・ダニオ | コメント(3) | トラックバック(0)
忘れた頃にヨシノボリ
相変わらず元気です。
ちょっと横幅が出てきた気もします。
ホンコンヨシ
大人っぽくなったのかなあ。
メスと単独水槽に移してみようかしら……。

ところで先日アクアテラ用に採ってきた苔を
少しだけ水中に沈めてるんですが、
これがなんだかちょっといい感じ。
コケ
でも、なんすかね、コレ。シノブゴケかなあ。
サカナもまだまだ勉強中なのに
苔の種類なんてさっぱり分からんですよ。
上手く水中化したら、ちょっとキレイかも。
【2006/12/22 23:01 】 | ハゼ | コメント(4) | トラックバック(0)
謎稚魚1その後
2週間ぐらい前にエビ水槽で発見した稚魚。
ドワーフレインボー
これこれ。ネオンドワーフじゃないかって書いたヤツ。

まだ生きてます。ちょっと大きくなりました。
20061221223539.jpg
少し体高が出てきたのかな。
ドワーフレインボー
もう1種類の謎稚魚用にブラインを沸かしているので、
お相伴に預かってるこいつもお腹パンパンです。

もう落ちることはないんじゃないかなあ。
ネオンドワーフレインボーで間違いなさそうっすね。
こうやって稚魚を見てると非常にかわいいんですが、
ただ、増やしても困るよなあ、こういうサカナは。
またメスが卵持ってるんで、ちと悩んでます。
たぶん繁殖させないけど。
【2006/12/21 22:40 】 | 古代魚・その他 | コメント(5) | トラックバック(0)
カメ仮住まい中
急遽明日、メイド喫茶に行くことになって
テンションかなり下がってます、今。
取材って暇な時は楽しいけど、忙しい時は
気疲れするばっかりなんだよなあ。やだやだ。
現在、水量20Lの小さなタンクに押し込めて
不憫な思いをさせてしまってるのがこの2匹。
カメ
カブトニオイガメとミシシッピニオイガメっすな。
今んとこ事務所内が温かいので、ヒーターもつけてません。
動きは相変わらず活発ですが、そろそろヤバイよね。
ヒーターは用意してあるんだけど、
なんとなく付けそびれてます。
さっさとなんとかしないとなあ……。
【2006/12/21 21:09 】 | カメ・カエル・イモリ | コメント(5) | トラックバック(0)
新たなスネールイーターを求めて
いつのまにやら水槽に発生するスネール。巻貝っすね。
スネール退治といえば、トーマシー、
アベニー、クラウンローチ等が有名っすな。
どいつもこいつも個性派ぞろいっていうか、
小型混泳水槽向きじゃないヤツばっかりです。

そこで小型水槽のスネールを撃退すべく、
「奇妙な魚に」では、日夜さまざまな挑戦が
繰り返されていたりするのです。

つまるところ、スネールを餌として認識させることができれば
後は勝手に食べてくれるのではないか?
そう思い続けてひたすらスネールを潰し、
その肉を水槽内に放置して参りました。
ついに、ついにとある生き物が
小型のスネールを襲うようになったのでご紹介いたします。
……まだ2~3匹が、スネールを襲ってるだけなんすけどね。
続きを読む
【2006/12/21 18:02 】 | エビ | コメント(7) | トラックバック(0)
印度蛇頭元気です
今日の主役は俺、俺だよ、俺。
スネークヘッド
ん、元気そうです。ちょっと瞳が白濁しちゃってるけど、
治ったり再発したりの繰り返しだからなあ、これは。
pHが低すぎるのが原因じゃないか、とは思ってるんだけど
中性付近に持ってくのもなかなか難しくて放置中。

ま、いいや。主役は俺なんだよ、俺。
スネークヘッド
ちょ、な……。
スネークヘッド
お、おま……。
スネークヘッド
いや、マジじゃまだから。フレーム被ってるから!
続きを読む
【2006/12/20 22:38 】 | アナバス・スネークヘッド | コメント(9) | トラックバック(0)
ミクロラスボラ・ハナビ
いい機会だから晒しちゃえ。
現在、エビ水槽に単独で放り込んでるサカナ。
前回のエントリで紹介した稚魚の親ではないかと
思ってるんだけどデータが少ないんで良くわかりまへん。
ハナビ
今年の夏ぐらいに新着で入ってきたコイ科のサカナですな。
体長3cmぐらいのちっちゃなサカナです。
※ちなみに周囲を泳いでるのはラミレジィの稚魚です。

なんで紹介してなかったのかってーと、
急いで流行りもん買ったみたいで恥かしかったから。
単純に安かっただけなのですよ。1匹500円。
テラに入れようかなあ、とか思ってたんですが
あまり前に出てくるタイプじゃなくて、
そのまま入れてもどこにいるか判らんなあ、と。

んじゃ、どうせダニオだしペアさえいれば
繁殖もそんな難しくないだろ、
ってことでエビ水槽に放り込んで餌もやらずに放置してました。
いや、ほら、餌なら稚エビがいくらでもいるしね。
しかし、ホントに稚魚が採れるとは思わなかったですよ。
この方法はスカーレットジェムを繁殖させた時に使った方法で、
難点は観賞という意味では最悪の水槽であるということですな。
レッドチェリー
なんせ、これですから。サカナ見えないよ、どこだか。

ただ問題はこの水槽、前述した通り
余った水草をバンバン放り込むもんで
別のサカナの卵が紛れ込む可能性が高いんですよ。
こいつじゃなかったら、前回と同じく
ネオンドワーフレインボーですね、たぶん。

それはそれとして、ハナビってちっちゃなニジマスにしか見えないよ。
昔、渓流釣り場でバイトして、1日100匹前後のニジマスをさばいてた
あたくしとしては、全然心ときめかないサカナだったりします。
じゃあ、飼うなって? ごもっともで。
【2006/12/14 14:17 】 | バジス・ダリオ | コメント(8) | トラックバック(0)
やっちゃった
溜まってるレスは後ほど。すいませーん。

ちょっとさっき気分転換に、
例のチェリー水槽の採取苔をアクアテラに移動したんすよ。
水中でも枯れないみたいなんで、
底に敷いたら面白いかなあ、と。

で、底に沈めて、網の後ろでエイ、エイ、と
苔マットを突付いてたらですね。

ぶあーっと、ぶあーっと……。
ハナビ
なんか見たことない稚魚が水槽中に散らばりました……。
大喜びでパクパク食べまくるピグミーグラミーたち。
救出できたのは4~5匹だけ。
あー、うー、今度は誰だよう……。
【2006/12/13 19:57 】 | 熱帯魚 | コメント(5) | トラックバック(0)
エビとインディアン
CRS
CRSを事務所の水槽から自宅の新水槽に移しました。
さらに謎謎さんにインディアン・クラッスラをいただいたので
エビ水槽に投入しました。
でも、先週は月曜日から金曜日まで
1度も家に帰れなかったので、
いつ届いたのか良く分かってません。
ともかくありがとございました。

ついでに濾過を上部+PIIフィルターに構成変更。
20061211211447.jpg
ここまでやったんだから、増えて欲しいもんですなあ。

エビは元気です。稚エビもちょこちょこ生まれてます。
全然ピントがあってないのはご愛嬌。
家に帰ると猫の相手で忙しいのです、ボクってば。
CRS
嫁さんが世話手伝ってくれるらしいんで
頑張って育てますよ、ほんとに。
【2006/12/11 21:17 】 | エビ | コメント(6) | トラックバック(0)
アガシジィ稚魚70日目ぐらい
2cmぐらいになりました。もう立派にアガシジィです。
20061211205733.jpg
……が、ほとんどの稚魚に背骨の奇形が出て
まともなの稚魚は3匹しか取れませんでした。
親ペアの血が濃かったのか、それとも初期段階の
育て方が悪かったのか……。
次は親を取り替えて試してみたいと思います。

バイランティは週末から前後に小刻みに
身体を揺らすようになり、結局今朝出社したら落ちてました。
うーん、オスを隔離した辺りからいきなり餌食いが落ちて
結局メスも同じような症状で落ちちゃいました。
難しいな、やはり。

今後飼育したときに、今回の症状が確認できるよう
画像をアップしておきます。
が、屍骸なんで見たくない方は続きは見ない方向で。
続きを読む
【2006/12/11 21:03 】 | アピスト・ラミレジィ | コメント(4) | トラックバック(0)
勝手に繁殖
えーと、ウチのレッドチェリー水槽ですが、
現在ちょっと大変なことになってまして……。
レッドチェリー
ん、我ながら何がどうなってるのか全くわからない。
トリミングした水草や、テラで使おうとして採取してきて余った苔など
手当たり次第にぶち込んでたら、こんな感じになりました。

下にどばっとある苔は、秩父で採取してきたヤツですが、
明るい黄緑がいい感じなんで上手く水中化してくれるといいなあ。
そして皆さんにおすそ分けとかしてみたい。

って、んなこたどうでもいいのよ。
この密林のような水槽で
不思議な生き物を発見しました。
ドワーフレインボー
……だ、だれだ、おめー?

たぶんモスの切れ端に卵がついてて、
いつの間にか孵化したんだと思うんですけどね。
んー、たぶんネオンドワーフレインボーかなあ。
【2006/12/08 21:17 】 | 古代魚・その他 | コメント(6) | トラックバック(0)
彼氏募集中
春には稚魚も生まれて散々大騒ぎしていたロイヤルファロウェラ。
夏明けにα-10000が故障してエアレーションが止まったことで
バタバタと落ちてしまったロイヤルファロウェラ。
さっぱりBlogにも登場しなくなったロイヤルファロウェラ。
ロイヤルファロウェラ
でもね、まだ飼育は続けてます。
唯一残ったメスのみですが。
オスを探したりもしてるんですが、
性差がはっきり出てるオスって
サイズが大きかったり値段も高かったりで
なかなか購入まで踏み切れないのです。
別にね、お金が出せないわけじゃないんですが、
ボク的楽しみ方のひとつに、安くて程度のよい
サカナとたまたま出会ったり、
セールのタイミングに丁度欲しければ買うっていうのがあって、
ただお金を払って集めるってのは好きじゃないのです。

他のサカナ買ってる暇あったら
旦那連れてこいって感じですな。すまんのお。
春までにはなんとか探してくるよ。すまんのお。
【2006/12/08 09:09 】 | ファロウェラ・ロリカリア | コメント(7) | トラックバック(0)
バイランティだめかも
一度は卵を口に咥えたバイランティなんですけどね、
結局、闘病中だったオスはほどなくして落ちてしまいました。
なんとなくショップで変わりのオスを探したりもしてたんですが、
あまり程度が良くなかったり、メスばかりだったりで、
なかなか見つけることができなくってねえ。

そうこうしている内に、本日メスのウロコが
剥げていることに気が付きました。
バイランティ
背中のあたり、ちょっとだけなんですけどね。

オスも同じような状態から、1ヶ月足らずで落ちたんですよね。
とりあえずけんこさんにもらったハンノミと
エルバージュエースを放り込んで様子見してますが、
たぶん難しいんじゃないかなあ。

もし落ちてしまったとしても、
来シーズンまた挑戦したいと思わせる
楽しいサカナでした。って、もう過去形かよ(苦笑。
いあー、でも、回復させる自信ないよ。
【2006/12/06 14:06 】 | アナバス・スネークヘッド | コメント(11) | トラックバック(0)
性差が出てきた?
先日ybkjさんに鑑定してもらった
リネロリカリア・ランケオラータなんですけどね、
2匹の内の1匹が、突如ヒゲだらけになりました。
ランケオラータ
もともと10cm超えてる個体だったのに
まだ性成熟してなかったってことなんすかね。
ちょっとびっくり。
ヒゲが生えたんで、こいつはオスですな。

残る1匹はまだツヤスベフェイスです。
ランケオラータ
てっきり両方メスだと思ってたんだけど、
もしかしたらこいつもいきなりヒゲだらけになったりするのかなあ。
特に繁殖を狙う予定はないので別にいいんですが、
できればツヤスベ顔のままでいて欲しいなあ。

しかし、オス。胸ビレにも垂直にヒゲが生えてるんですが、
これはいったい何の役に立つんですかね。謎だわ。
【2006/12/05 21:33 】 | ファロウェラ・ロリカリア | コメント(11) | トラックバック(0)
誰も知らない[Nobody Knows]
事務所を訪れ、水槽を覗きこむお客さん。
「きれいなもんですねー」などと適当にお世辞を言う彼ら、
その水槽の暗い底に、こんなヤツが潜んでるのは誰も知らない。
続きを読む
【2006/12/05 00:07 】 | ウナギ・ウツボ | コメント(8) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。