スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
少しずつ大きく
今回はひとつ前置きを。えーと、このページなんですが、
IEで見ている場合、エラーが表示されると思います。
Blogのテンプレートをいじったときに壊して、
直し方が分かんないだけなので気にしないでください(苦笑。

前回掲載した卵は翌日に孵化し、
49匹の隔離に成功しました。写真は3/30のものです。
ロイファロ
ま、写真には20匹程度しか写ってないですけど。

3/9に生まれた稚魚は12匹しか隔離できなかったので、
ちゃんとベタを隔離しといて良かったなあ、と。
んで、30日に隔離して、それから6日間。
今のところ1匹も死体を見ていないので、
ほとんど落ちてなさそうです。

3/9孵化の稚魚もほとんどが生き残っており、
とりあえず10匹程度が3cmをオーバーしました。
3/30孵化の稚魚も倍ぐらいのサイズにはなったかなあ。
こちらは本日撮影の写真です。同じ容器なので、
なんとなーく成長してんのが分かるでしょ?
ロイファロ

サイズはまだまだ小さいですが、もう立派にロイヤルファロウェラです。
このまま育ってってくれるといいんだけどなあ。
あ、でも、いろいろ試行錯誤しつつも3年目なんで
今回はちょっと期待してます。
ロイファロ
ところで今回意図的に、
稚魚の餌から活きブラインを外しました。
現状は良い感じで来てますが、どうなるかなあ、今後は。
でも、今年は活きブラインなしで通してみたいと思っています。

ベタ
ところで同じ水槽に、ベタ・チャンノイデスの稚魚も入ってます。
1匹だけかと思ったら、パッと見死体のように沈んでいった稚魚も生きてたようで
気付いたら2匹の稚魚が育ってました。
同じ水槽ってことは、もちろんブラインは与えてません。
ブラインどころか、エサもあげてません。

ま、失敗したら恥ずかしいので、きちんとは書きませんが、
常時大量の微生物が発生しているような状況を
水槽内に作り出せないかなあ、と。
これが上手く行ったら、アピスト稚魚の育成とか
ブラインを食べられないサイズの稚魚育成とか
いろいろ楽になるんじゃないかなあ、なんて思ってたり。
ま、たいしたこたしてないんですけどね。
スポンサーサイト
【2008/04/05 20:47 】 | ファロウェラ・ロリカリア | コメント(7) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。