スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
グッピーの帝王切開
水槽といえば水族館、といえば海水魚、
ってな刷り込みがあったあたくし。
Gemが水槽を始めてから通い出した熱帯魚屋での落胆っぷりったら!
譲歩して「これならいい!」って主張していた魚といえば、
花羅漢(←漢字あってる?)とか琉金とか(笑)。
そこから更に譲歩して、
「じゃあこれ!これなら横になって眠って可愛い☆」
って、めでたくクラウンローチがメインのお魚になったのでした。
最初の頃のGemは、水槽でマングローブを作ろうとしていたのです。
なので中身(→魚)はどうでもいいよって。
途中で飽きて放置するんじゃないかしら?
などの色んな懸念から何かっていうと大反対していたあたくしを
懐柔するための作戦でもあったわけです。
お魚をあたしの好きなのにして、
石や植物の配置ばっかりを考えて気にしていじってました。
あと、うまいなぁと思った懐柔作戦のひとつに、
楽しい楽しい餌やり係をあたしにする、ってことがあります。
これは効果絶大です。
特に賢かったグラミーやエンゼル達を、
あたしが定位置でトントンって音を出すと寄ってくるように仕込み、
気分はまるでサーカスか何か。(←超大げさww)
面倒くさくなった彼に「やっといて」とか言われたくないがために、
意地でも様々なメンテナンスについては覚えるまい!とも決心………
したはずなのに、、本当は、多分、あたしだって水換えもできます。
具合が悪そうな魚だって分かっちゃいます。
Gemが写真に載せてる魚を熱帯魚屋で指摘できますので、
本当はその気になれば名前だってペラペラになるでしょう(爆)。
今はすっかり覚えていませんが、小学生の頃のあたしは昆虫図鑑の、
特に蝶の名前なんかをほとんど暗記していたものでございます。
あはは

さて、かねてより妊娠中だったグッピー4匹。
うち関連の水槽の中ではエビ専用に次いで平和であろう水槽にて、
無事出産した模様。
今現在は4・5匹の少し成長した稚魚達が確認できます。
 ・ポポンデッタフルカタ 10匹
 ・スカーレットジェム 10匹
 ・何とかグッピー ?匹
 ・レッドチェリーシュリンプ 数十匹?
しかいないのが、平和たる所以です。
あ、底掃除1匹と壁掃除1匹もこないだ入れたっけか。(名前失念)
ただ、残念なことに、グッピーって自分のコロモも食べちゃうんでしょ?
って、親が食べたか誰が犯魚か分かりませんが、
全部は生き残れなかったみたいね。
んでーーー!
D1000059.jpg

この、他の子が出産した後も全然お腹が小さくならなかった、
4匹の妊婦中一番でっかいお腹をしていたグッピーが!
D1000083.jpg

気付いたら死んじゃってたの。
でも、前回水槽を見た時からさほど時間が経ってなかったので、
「もしかしたら???」っていう気持ちから、お腹を開いてみました。
これでも主婦のはしくれで、一応お魚も調理したりしていますが、
さすがに今回は勝手が違います。
中を傷つけないように慎重に慎重に腹の皮を切り開き……。
出てきたのは茶色くなった卵と内臓でした。
残念ですが、稚魚救出作戦は失敗?でした。
専門家でもないので検死結果報告などはできません。
妊娠の途中から卵の成長が止まっていたのか、出産時のトラブルか?
こういうのって書いたら引かれるのかしら?
でもあたしとしては真剣に、もしかして助かる??って思ったのです。
まぁでもやってみて分かったのは、次回こういうことが起きても、
切って出そうとかってのは無駄だろうなってこと。
もうやりませんよ。

ということで、この水槽の仲間達のご紹介。

D1000052.jpg

稚魚達のパパ。

D1000063.jpg

ほんのり写ってるのがポポンデッタフルカタ。
チャームポイントの黄色いヒレが全然分かりませんね(苦笑)。
ちょっと間抜けな天使が黄色い羽をパタパタさせてる風な魚です。
あ、撮影しようと水槽をガン見していたら、
すっかり水槽をライバルだと思ってちょっと怒っている猫も写ってる!

D1000055.jpg

餌を食べないかもしれなかったスカーレットジェムのために入れたエビ。
結局は、乾燥アカムシをバクバク食べているわけですが~。

メインで書こうと思っていたのはグッピーの件。
次に言いたかったのは…。↓↓↓
つまり、派手派手なのが水槽!って思ってたし好きだったあたし。
淡水魚水槽も、
最初はグラミーとかローチンとかエンゼルとかしか興味なかったわけ。
蛇とかも嫌いじゃない方なのでGemの事務所水槽も理解できてた。
全く興味なかったのが小型魚で、
私にとっては要らない存在だったのです。
今回60cm水槽のリセットから始まったあれこれと、妊娠と、
たまたま熱帯魚屋で見かけたポポンデッタの可愛さ。
毎日毎日「まだ生まれないかな~?」
って楽しみに観察しているうちに、好きになっちゃった☆
めでたしめでたし(笑)。

あ、スカーレットジェムだけは唯一最初からずっと好きな魚でしたけど。
夫のことじゃなくって、魚の名前としてのスカーレットよ!(笑)
スポンサーサイト
【2006/03/26 05:48 】 | ╬奥さんの目╬ | コメント(11) | トラックバック(0)
<<2匹のブルーデンプシー | ホーム | チェリーの滝登り>>
コメント
帝王切開ですね。
いやぁ、私には怖くてちょっとできませんけど、助けたいという気持ちは素晴らしいですね。
きっとそのメスも子供を産みたかったでしょうね。
ポポンデッタフルカタは綺麗な小型美魚ですよね。
【2006/03/26 12:22】| URL | ほた #tHX44QXM [ 編集 ]
おはつなりー
レスするのはおはつだけど毎度読んでた、ワルモノです。
ミセスすかーれっと…よろしくのコト(指にきすしたくなる名前だな・笑)

アクアリストの妻っぷり、興味深く読ませていただきましたよー。
オレはその、懐柔するほーの立場なので、なんとも言えないのですが(笑)

ウチは非常に協力的つーか、共通の趣味なので、楽なんだけど、
それでも水槽を増やしたり、むちゃなサカナを買ったりするのを止めるのは、
彼女くんの役割でして、なにかと苦労させてしまっている気がしてます。

毎度毎度…「うんまあ、この水槽は一時的な隔離用だから…」とか、
みえみえの懐柔策を、黙ってのみこんで頂いて、ありがとーございます。
…という感じですな、同じかな? 基本は同じダロナ(笑)

それから、ポポンデッタ(愛称ポポンタ)はほんとアホでカワイイっすね。
ポポ~ンポポ~ン♪って、いつもヒレをパタパタさせてるんだよね。
あれは、猫くん反応するかもねえ。
つーか猫くん、水槽にイタズラしないんですかあ?
将来は猫飼う予定なんで、ちと気になってるところです。
ウチのワンコも水槽は敵でして、邪魔したりいじけたり、しているので。

そんなわけで今後ともよろしくのコトー^^ どんどん懐柔されてねー(笑)
【2006/03/26 12:24】| URL | ワルモノ #7AQdie5o [ 編集 ]
むむっ!!
さり気なくダンナさんに愛の告白っすか...ムフフ
Gemさん宅にもこんな小型美魚水槽があるんですね~!!
ジェム・ポポンデッタ・エンドラーズ...それぞれエースばかりを集めたって感じ。まさにWBC日本チームですな。

って、Gem奥さん...凄すぎっす。
この手のブログて検死・稚魚救出の描写は初めて見ましたよ。
稚魚いなくて残念でしたね。卵がちゃんと受精できてなくて中で腐っちゃったんですかね?
【2006/03/26 12:26】| URL | おまつ #- [ 編集 ]
こんにちは^-^
私もこの状況なら帝王切開してますね(笑)
気になって、気になって・・・そのままでなんてお墓に入れれません。

夫婦でアクアが趣味なのはいいなぁ~~
たのしそ~~♪
【2006/03/26 12:56】| URL | namazu555 #xtSmZPgY [ 編集 ]
ま、ヨメさんまだまだ分かってないから
ここでちょこっと書いておくとだな。
45cm水槽に小型魚30匹、エビ数十匹は、
世間一般的には過密飼育というのです。
【2006/03/26 15:48】| URL | ScarletGem #- [ 編集 ]
旦那は忘れてるみたいですけどー
「これ、いっぱいいっぱいな感じなのに
 ここにコロモ生まれたら酸欠で死んだりするんじゃない?」
って何度か進言しており候。
だから、産卵箱とかに乗り気じゃなかったんであーる。

■ほたさん
いやぁ、そんな、素晴らしいとまで言われる程の感じじゃないですよ。
確かに「助かるかも?」っていう気持ちが圧倒的に多かったわけですが、
実際の行動するに至る第二の動機はやはりどこか、好奇心も!
開いて稚魚がうようよってのも興味深い瞬間です。
結局普通に魚のお腹でしたけども。

■ワルモノさん
どうも~、ゴキゲンヨウ♪
(立ったまま膝をちょこんと曲げて)
「喧嘩したらお前の大事な大事な水槽に、
 御酢をたっぷり混入させて〆てやるからなっ」
とか何とか脅したりしていたものですが、
いざ喧嘩とかしちゃっても
「餌ちょーだい」って無邪気に?本能丸出しで?
アピってる姿を見ると結局水槽に入れるのはテトラミンとかだったり(笑)。
猫は意外と全然お魚に関心を示しませんよ。
生後半年くらいまでならちょっと気になるみたい。
蓋のない水槽を覗いてる時に彼らは、お水を飲んでいます。
猫が上から覗いていると結局魚は底へ逃げます。
水に潜ってまで捕獲することはまずないでしょうし、
うちでは被害が出たことはないですよー。

■おまつさん
死んだ魚って結構周りにモワモワした白いカビ?がついてるじゃないですか、発見した時って。
それがなかったのと、前回観察からのインターバルが短かったのとで、
もしかしたら助かる?って思いついちゃったのでした。
今まで魚が落ちても全くそんなの思いつかなかったけど、
今回は稚魚を産むっていうグッピーでしたしね。
鯵なんかをさばいている方が余程グロイし生臭いです(笑)。

■namazu555さん
「卵じゃなくて稚魚を産む魚」ってなると、
やっぱり、もしかして助かるかなー?って
思いますよねーーーー!?w
あたしは熱帯魚屋さんの熱気ムンムンがかなり苦手です。
クラクラしちゃって大変です。
あたしまで旦那くらいこういうの大好きになっちゃったら誰も止める人が居なくって、
家が魚に乗っ取られてるみたいになっちゃうかも。
なのでなるべく盲目的にならないように気をつけてます(笑)。
何故ならあたしの方が、夢中になった時に節操なくあれもこれも欲しがるタイプだからです(爆)。
【2006/03/26 16:14】| URL | 妻Scarlet #- [ 編集 ]
エンドラーズだっ!
うおっ、やはりエンドラーズだ。
すごく綺麗に撮れてますね。
これならエンドラーズをはっきり確認できてよいですよ。
帝王切開って、僕はした事がないけれど、する人はしっかり子を救い出すようですね。
本当はたくさんの命を救うのだから、全然引くような話じゃないですよ。
それにしてもポポンデッタフルカタ、そんなに可愛い泳ぎするんですか?
興味を引かれますね・・・グッピーとも混泳可能だし。
【2006/03/26 21:47】| URL | NAO #- [ 編集 ]
自分もやった事ありますよー
でも、黄色い卵のままで無意味な解剖に終わるんですよねぇ
よほど出産直前じゃないとダメっすね。

エビは親が死んでも卵だけで稚エビになったりするけど。。
【2006/03/27 02:50】| URL | みなと #- [ 編集 ]
お腹すいたなー
旦那のせいでいっつも深夜ご飯です。
こんばんは

■NAOさん
救い出せることもあるんですか!そうなんですか?!
だとしたら、これからもこういう事があった時はやらねば!
ポポンデッタかなり可愛いです。
http://allabout.co.jp/pet/aquarium/closeup/CU20041216A/
横のヒレが上の方についてて、パタパタせわしなく動かしながら泳いでます。
さいこーです!

■みなとさん
エビちゃんは時々卵あるのに脱皮したりしてますね(笑)。
解剖してびっくりしたのはその皮の固さ。
小さいのにあんなに固いものなんですねー!!
包丁じゃ駄目で、ハサミで切りました。
【2006/03/27 23:35】| URL | 妻Scarlet #- [ 編集 ]
帝王切開!わかります!
私は、赤ちゃんを引っ張り出したことありますよ~v-12死産ぽくて、いつまでたっても半分のところで詰まっていました。そこで、お母さんを手で捕獲し、出てる部分を引っ張ってエイッ!
その赤ちゃんグッピーは死産でしたが、その後に続いた子達は無事に生まれ、母体も大丈夫でした。
(巨大児だったのかな~?)
やはり女はいざというときに潔く決断ですよ!
【2008/10/28 16:02】| URL | arete #- [ 編集 ]
嫁さんが
最近ほとんどここ見てないので、
旦那のレスでごめんなさいw

上手く他の子が生まれてよかったですね。
いやー、でも、泳いでる魚を捕まえて
手で引っ張るなんて・・・。
ホント、潔くて見習いたいと思いますw
【2008/11/09 07:09】| URL | ScarletGem #- [ 編集 ]
コメントの投稿














ScarletGemに内緒のメッセージ

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。