スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
混泳水槽の楽しみ方(実践編)
んじゃ、(心構え編)を基に、
実際にどんなレイアウトを組んでいるのか解説してみたいと思います。
20060826234831.jpg
とりあえず全景。たぶん皆様の想像よりも
ちょっと多目のサカナが混泳してます。
・アピスト7匹(4~6cm)仮住まいのタエニは数えてません。
・ハゼ8匹(4cm)
・ウナギ2匹(15cm,45cm)
・コリドラス2匹(3cm)
・ローチ18匹(4~7cm)
・卵胎生メダカ20匹(2~3cm)
・ロリカリア10匹(6~12cm)
・エビ14匹(4~6cm)
・オトシン2匹(3cm)
・キャット3匹(3cm)
・バジス2匹(3~5cm)
・トランペットナイフ1匹(20cm)
だいたい30種100匹ってとこですかね、60cm水槽で。
どの生体も導入後3ヵ月程度は経過してます。
ここ2ヶ月間だと、先月の引越し時に
貼り付き系ローチがかなり落ちました。
殺菌灯導入以降、病気で落ちたサカナはいません。
個人的に同じサイズ、同じタイプのサカナの混泳には
あまり魅力を感じないので、バラつきが大きいのが特徴ですかね。
んじゃ、細かいところを説明していきますか。
【水草エリア】
20060826234909.jpg
水景中央後方から生やし、
水面付近では前面まで覆いかぶさるようにのばしてます。
ただ、水中を極端に暗くするとつまらないので、
葉の細いベトナムスプライトが主役です。
シクリッドが内部に侵入しにくく、
卵胎生メダカやヤマトヌマエビが逃げ込める。
そんなスペースですな。
20060826234916.jpg
以前ちょっと説明しましたが、水草は幅5cmほどの
アクリルケースに植え込んでいます。
これには4つの理由がありました。
・水草の成長を早める
・水草エリアの広がりを抑制する
・ケースを取り出せば、底砂の全面掃除が可能
・泥を好むサカナを引き寄せる
一番下は、それなりに成功、といった感じですねえ。
本当はピンクイール、ローチ系を狙っていたのですが、
オリーブイールが独り占めしちゃいました。ま、いいけど。
ケースと水槽のガラス面を3cm離すことで、
水草の裏側をサカナが自由に泳げるようにしてあります。
20060826234931.jpg
水草エリアを上からみると、こんな感じです。
中央にベトナムスプライト、その周囲をガガブタが囲むよう
伸びたガガブタを引っ張って配置してます。
ついでに、ベトナムスプライトの中央部分は
周囲よりもやや葉高が下がるようにトリミング。
ガガブタを配置したのは、上面に大きなサカナが
侵入できないようにしたかったんですが、これは成功。
グッピーの稚魚も食べられることなく育ってます。
中央の窪みは、水槽の中にさらに池っぽい空間を
作りたかったんですけどねー。こっちは微妙(笑。
トランペットナイフがベトナムスプライトの茂みを
ベッドに昼寝していることがよくあります。
以前飼育してたスネークスキンナイフも茂みの中が好きでしたんで、
このタイプのサカナは、水草を多めに入れると落ち着きそうですな。

【流木エリア】

20060826234839.jpg
水草エリアの目の前に、流木エリアを作ってます。
20cm程度の流木を転がしているように見えるかも知れませんが、
実際はこぶし大の流木を4つ、水草を植えたアクリルケースに
立てかけるような形で組み上げてます。
なもんで、アクリルケースと流木の隙間、
組み上げた流木と流木の隙間、流木の表面、
この辺りが有効利用できるわけですな。
隙間と書いてもピンとこないと思うので、ちと画像をば。
20060830224211.jpg
グレースケールの部分が、隙間の部分です。
横幅が5cm、高さは7cmほどで、トンネルになっており、
サカナが自由に出入りできます。もちろん前から中は見えません。
こんな感じのトンネルを、中にいるサカナの死角となるよう
いくつか作ってあげると、そこが縄張りになったりします。
基本的にアピスト系はここにいます。あと、ロックシュリンプとか(笑。
流木の表面や、アピストが入れないような細い隙間は、
主にロリカリアが占有してますねえ。

【石組みエリア】
20060826234823.jpg
流木エリアの左右には、10cm前後の石を
右に3つ、左側は2つで石組みを作ってます。
シクリッドが入り込めない程度の隙間を作り、
石組みはあまり背が高くならない、なおかつ
石と石の高低差がきちんとできるように配置してます。
ここを縄張りにしているのは、主にボウズハゼ(6匹)、
ホンコンヨシノボリ(2匹)、ヒサッシーローチ(10匹)です。
石の隙間、上、下と、ひとつの石で3つのエリアを確保できるので、
このぐらいの数ならまったくトラブルは起きてません。
石組みの上は水面まで完全にオープンにし、
やや暗がりを好むドワーフシクリッドが
ハゼに干渉しにくくしてます。
石組みの上に影がこないため、照明が直接当たって
ボウズハゼの餌である苔が生えやすいという利点もあったりして。
概ね成功ですねえ、ここに関しては。

【モスエリア】
20060826234856.jpg
水景の左端にはモス場を作ってます。
・・・ま、別にいらんのですけどね、モス自体は。
なんかあった方が安心するっていうか、そんな場所です。
主にエビのおやつ。時としてヨシノボリの見張り台。
これは流木に活着させてるんですが、
この流木は底砂に直接置いていません。
20060826234902.jpg
この通り、キスゴムで固定して
流木の下が完全にフリーになるようにしてます。
ゴンゴタローチや、ロリカリアなんかがのんびりしてます。
横がガラス面で明るいため、アピストが潜ることは少ないですね。
もちろん空間の確保だけでなく、レイアウト変更が楽ってのも
キスゴムを使う理由のひとつだったりします。

【フロントエリア】
20060826234849.jpg
前面部分、幅10cmぐらいの範囲は
基本的に何もおかないエリアです。
主に給餌はここでおこないます。
給餌中はほとんどのサカナがここに出てきます。
それ以外の時間は、まだ縄張りを作らずに群泳しているタエニ稚魚と、
コリ、ローチ系の残餌掃除部隊の活躍の場となってます。
あと、これ重要。縄張りを追い出されたサカナは
一時的にここに非難してることが多いです。
ここに限らず水槽内のどこにも、底砂に直接
水草を植えてる場所がひとつもないため、
底砂掃除やトリミングは非常に楽です。
餌を食べ終わったサカナたちは、それぞれのエリアに戻ってしまうんで、
これだけサカナがいても、前面に出てきているのは
5~6匹って感じですかね。

【ガラス面】
最後はガラス面。ここも立派な空間です。
オトシンとか、バタフライプレコ系のサカナの居場所ですな。
ボウズハゼも結構好きです、ガラス面。

とまあ、こんな感じで細かく細かく空間を作っていくと、
60規格水槽でもかなりの種類のサカナを泳がせることが可能です。
隠れてるサカナが多いんで、あまりゴチャゴチャ
サカナが見えないってのも悪くないかと。
いろんな場所から、サカナがひょっこり顔を覗かせて、
肝心な見たいサカナはどこにいるのか分からない。
そんなイメージで混泳水槽を構成すると、ちょっと楽しいですよ。
スポンサーサイト
【2006/08/30 23:24 】 | 混泳に挑戦 | コメント(4) | トラックバック(0)
<<危うしガジョン | ホーム | 【モニター】KH測定キット【報告】>>
コメント
うちも・・・
60cm水槽はこんなイメージでしたね~。
石組みはなくて、水草は地植えですが。
今は水草をばっさり切ってしまったのでだいぶ感じが変わりましたが・・・。
ガガブタの使い方はナイスですね。
非常に参考になります。
それから、流木の隙間は大賛成。
非常に有効性が高いスペースだと思います。
それにしても100匹って・・・(^^;
一体Gemさん邸とGem社合計で何匹くらいいるんでしたっけ?
みなとさんとこの数にも驚きましたが、多分Gemさんとこは遥かにおおいんですよね、きっと。
【2006/08/31 00:40】| URL | おまつ #- [ 編集 ]
あ、でも
カカトゥが食卵しちゃったみたいでがっかり。
もうね、どうしたものやら。

>おまつさん
他の水槽は生体の数少ないんですよ。
この水槽だけです、こんなでたらめなのは。
匹数を上げちゃってる卵胎生メダカは
稚魚も含まれてますし、
ローチも10匹はヒサッシーローチで
基本的に石や流木の下に潜っちゃうんで
そう考えるとあまりサカナが見えないですよ。
ロリカリアはちょっと入れすぎなんで、
リネロリカリアSPレッドだけ、移動しようとは思ってます。
たぶん、みなとさん水族館には負けてるんじゃないかと
思ってるんですけどねー。
結構、同種複数飼育が多いんですよ、ウチは。
【2006/08/31 16:13】| URL | ScarletGem #- [ 編集 ]
いや。。。うちもその混泳には勝てないっすw

石組み以外は同じような考えで混泳成功しています。

あとはうちも単独水槽が多いなぁ
ウーパー
カエル
ベタ
フグ
タエニ
タエニ
イモリ
エビ
8本は単独水槽ですもん
【2006/08/31 22:13】| URL | みなと #- [ 編集 ]
>みなとさん
うは、みなとさんにそう言われちゃうと
いきなり不安になってみたりして(笑。
ま、安定してるんで大丈夫だとは思うんですけどねー。
ウチはなるべく放置したいサカナは
単独飼育にして水質悪化を防ぐ方向です(笑。

ていうか、みなとさんとこ、サカナ以外が多いっすねー。
んー、ボクもトカゲが飼いたいです。
【2006/09/01 23:08】| URL | ScarletGem #- [ 編集 ]
コメントの投稿














ScarletGemに内緒のメッセージ

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。