スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
奥武蔵GLを半分だけ
寒いんであまり出かけませんが、たまーにバイクも乗っています。
昨日はあまりにも天気が良かったんで、朝からバイクに跨ってみました。
一昨日も車で越生から青梅まで走った気もするけど、ま、いいや。
俺の趣味はCO2を撒き散らすことなんだと思います。

んで、国道299をのんびりと秩父方面に走ってたんですが、
あんまりにも天気が良かったので、東吾野からわき道入っちゃいました。
林道って言っても舗装路なんでどうってこたありません。
鎌北湖方面に向かおうかなあ、と思ったんですが、つい林道権現堂線へ。
雪も見当たらなかったし、奥武蔵グリーンラインでも走ってこようかなあと。

林道奥武蔵2号線で顔振峠を越えてやってきました黒山展望台。
黒山展望台3
夜景スポットらしく夜は23:00ぐらいまで車が来てたりするそうですが、
朝の10時にこんなとこ走ってる暇人はいませんでした。
あ、駐車場もちゃんとありますよ。
黒山展望台2
展望台の様子はこんな感じです。
アマチュア無線の人なんかも良く来るみたいっすね。
黒山展望台4
展望台を降りて走り出し、しばらくすると路肩に粗大ゴミが……。
ゴミ
もうね、こんなとこまで捨てに来るなってーか、
ゴミはちゃんとお金払って捨ててください。ヒドイ人もいるもんだ。

そのままだらだらと走り続けると関八州見晴台に到着。
黒山展望台よりも景観は奇麗なんですけどね……。
関八州見晴台3
あー、ボクのアネーロがあんな遠くに……。
でも、まだまだ登ってかなきゃいかんのです。
関八州見晴台
ちなみに雨の後なんかは地面がぬかるんでいるので
底が滑りやすい靴の場合は行かない方がいいです。
あのねー、階段とかないのよ、登り道。ただの坂。
4~5分のプチ登山って感じですかね。
関八州見晴台4
やっと到着ですよ、結構涙目でした。
とりあえずメットはバイクに置いて上がった方がいい。
ちなみにここの標高は771.1mあります。
関八州見晴台5
マジ絶景。ところで関八州見晴台の八州とは、
武蔵・相模・上総・下総・安房・上野・下野・常陸のことで、
つまりは後ろを振り向くと関東平野が一望でき、
遠くの方に新宿辺りの高層ビル群も見えてましたけどね。
今日が月曜日で会社をサボっているという事実から目を背けるために
写真は撮ってきませんでした。会社嫌いなんです、仕方ない。

んで、これまたひーひー言いながらぬかるんだ坂道を下るとですね、
……強風でバイク倒れてました。むう。
KLE250アネーロというバイクは、なんだかサイドスタンドが長いのですよ。
強い風が吹くと右側にバタンと行っちゃうのですよ。勘弁して。
ここでまたひーひーですよ。乾燥重量146kgなんで
普通のオフ車と比べるとやっぱ重いです。
というか背が高いので起こしにくい気がします。
んーで、やっとの思いで起こしてみると。……あ。
DSC00615.jpg
ブレーキレバーが奇妙な曲線を描いておりました。
会社サボって山ん中走り回ってた罰ですね、分かります。
でも、奇妙なのはBlogのタイトルだけで充分です。

めげてても仕方ないので再び移動。
といっても、林道奥武蔵2号線を道なりに走るだけー。
こっから先は特に何もなく、標高818mの刈場坂峠に到着。
刈場坂峠2
もちろんここからも関東平野が一望できるんですけどね、
当然のごとく写真撮ってません。東京のことは考えない。
DSC00613.jpg
さてと、今まで走ってきたのが奥武蔵2号線ってことは、
当然奥武蔵1号線もあるわけでー。
俺たちのグリーンラインはまだまだ始まったばかりだ!

なんですがー、林道刈場坂線から国道299に下って、
正丸トンネルくぐって芦ヶ久保の満ちの駅で
コーヒー飲んでから帰りました。だって疲れたんですもの。
さらに、1週間ぐらい前に車で通ったとき、
まだアイスバーンだらけだったんですもの。

ま、そんな感じでちょこちょこバイクに乗ったりもしているのです。
刈場坂峠まではアイスバーンも全然なかったですよ。
安心して皆さん走ってきてください。
スポンサーサイト
【2009/03/03 08:32 】 | KLE250 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<そろそろ春ですねえ | ホーム | 600種類増加!?>>
コメント
コメントの投稿














ScarletGemに内緒のメッセージ

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。